welcome
 More Photo Architecture Data Corner 

けんちく激写資料室

 ただ黙々と写真がスライドして行く、
一つの建物の多量な写真によって、
鑑賞者がそれぞれのイメージを作ることができるのではないか?
そしてヤッパリ行って見なくっちゃ!とそれぞれが実物を体験して見たくなるのではないか?
(それは私自身の思いでした。)
 幸いにも的確で多量なデジタル写真を撮影者から提供され、
こんなことが「けんちく激写資料室」の目的なのかと見え始めてきました。
仕事をしながら、ランチを食べながら、音楽を聞きながら、はたまたテレビを見ながら、
スクリーンセーバーのような見方がいいなーと思い始めています。

Silently the pictures appear one after another.
Tremendous amount of pictures for one building may bring out
the proper image for each watcher.
And it is lucky if one may come up with the thought to visit
for real and experience in real.
(Such was my own experience.)
Happily a photographer was found who takes lots of pictures.
The purpose of this (More Photo Architecture Data Corner)
have been beginning to get clear.
It might be recommended as watching the screen saver such as along
with the work,while taking lunch,
while listening to music or even watching TV.

BBS 掲示板

 激 写 資 料 

新しく建物を掲載した時にメールマガジンでお知らせします。
必要な方はこちらからアドレスの登録を。


作家別 architects


年代順 chronological order

用途別    building type

木構造   wood structure

建築写真とはどんなものか?




01/23 252. ビルバオ・グッゲンハイム美術館  1997
by FRANK O. GEHRY


11/01/16 251. カイシャ・フォーラム  2004
by Herzog & de Meuron
12/30 250. セラミックパークMINO 2002
by Arata Isozaki
12/28 249. 奈義町現代美術館 1994
by Arata Isozaki
12/26 248. 秋吉台国際芸術村 1998
by Arata Isozaki
12/12 247. 水戸芸術館 1990
by Arata Isozaki
12/5 246. 県立ぐんま天文台 1999
by Arata Isozaki
11/28 245. 北方町生涯学習センター「きらり」  2005
by Arata Isozaki
11/21 244. Hara Museum ARC  1990
by Arata Isozaki
10/30 243. 島根県立古代出雲歴史博物館  2006
by Fumihiko Maki
10/2 242. IIDA・KAN  2002
by Fumihiko Maki
9/12 241. 東京キリストの教会  1995
by Fumihiko Maki
8/30 240. 風の丘葬斎場  1997
by Fumihiko Maki
8/15 239. 札幌聖ミカエル教会  1961
by Antonin Raymond
8/15 238. 登別温泉ふれあいセンター  1957
by Minoru Ota
8/15 237. 石見銀山羅漢寺  1764
by      
8/1 236. 大諏訪湖博物館・赤彦記念館  1993
by Toyo Ito
7/4 235. 安養寺木造阿弥陀如来坐像収蔵施設  2004
by Kengo Kuma
6/20 234. 川棚温泉交流センター  2010
by Kengo Kuma
6/6 233. 呉市音戸市民センター  2007
by Kengo Kuma
5/31 232. ソル・ポニエンテ  2001
by Kengo Kuma
5/17 231. 土門拳記念館  1983
by Yoshio Taniguchi
5/17 230. 資生堂アートハウス  1979
by Yoshio Taniguchi
 5/16 229.熊野古道なかへち美術館 1997
by Kazuyo Sejima
 5/16 228.古河総合公園飲食施設 1998
by Kazuyo Sejima
5/9 227. 古河総合公園管理棟 1998
by Hiroshi Naito
5/9 226. 最上川ふるさと総合公園センターハウス 2000
by Hiroshi Naito
5/8 225. 茨城県天心記念五浦美術館 1997
by Hiroshi Naito
5/8 224. 九谷焼窯跡展示館  2002
by Hiroshi Naito
5/1 223. 阿佐ヶ谷住宅  1958
by Kunio Maekawa
4/4 222. 加子母村ふれあいコミュニティセンター  2004
by Tadao Ando
4/3 221. 水の教会  1988
by Tadao Ando
3/28 220. 渡辺淳一文学館  1998
by Tadao Ando
3/27 219. 札幌時計台  1878
by Yoshiyuki Adachi
3/22 218. 北海道大学 遠友学舎  2001
by Kobayashi Hidetsugu
3/21 217. 大社文化プレイス  2000.01
by Toyo Ito
3/15 216. サッポロビール北海道工場ゲストハウス  1989
by Toyo Ito
2/28 215. モエレ沼公園 ガラスのピラミッド  2005.07
by ARCHITECT 5 PARTNERSHIP
2/21 214. とっとり花回廊  1999
by ARCHITECT 5 PARTNERSHIP
1/31 213. 旧グラバー邸  1863
by Glover
2010/1/4 212. 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館  2003.03
by Akira KURYU

 
200910 ペンタックスK-x購入。合わせて12-24、マクロ35を揃えました。
200601私はキャノンEF10-24の高性能、イオスキッスNの低価格デジ一眼で、キャノンに鞍替えしました。今回の7Dには期待しました。それはニコンD700に示されるように、高感度での高性能です。2005年フジ30Fによってコンデジに高感度時代がきたかと思われましたが、単発に過ぎず、相変わらず高画素競争が続いています。最近はキャノンX3でも子どもを室内で撮るには高感度が必要だと、かつてのフジのコンセプトをうたっています。だから本当なら低価格機X3に期待したいところですが、建築写真への要請はすでに高感度、高ダイナミックレンジが希求されているのでした。ですから高級機でもいいやとばかりに、7Dに期待したのですが、期待外れとなりました。それは40Dのときに高域補正と、暗部補正の両方がともに掛けられるように修正されたものが、7Dでは何故か!またでき